母は語りたい 読み聞かせと日々の記録

2016年、娘を授かり、育休を取得。初めての子育てに奮闘!読み聞かせの大切さを知り、読み聞かせを実施、その内容レビューをしていきたいと思います。

コンドルズの遊育計画 2017 東京公演レポ

コンドルズの遊育計画という公演に行ってきました!

子供向けのイベントや公演って、色々あるのですねー。

コンドルズの遊育計画は身体を使って楽しく学べる素敵な公演でした。

 

遊育とは

【遊育(あそいく)】は、将来の生活に必要な基本動作を“からだを使った遊び”の中でバランスよく身につけてもらい、元気な子ども=健全な人間を育てることです。

「遊育(あそいく)」とは? 

まだ動作や仕草に名前があることを理解してない、し始めている子供たちに、動作と学びを結びつけてあげる、そんな演目がたくさんありました。

勉強、という雰囲気は一切なく、まるで手品やミュージカルを見ているような、そしていつのまにか子供もその場に参加しているような、そんな気分になれる公演です。

 

コンドルズとは

コンドルズとは、近藤良平を主宰とした、男性のみ学ラン姿でダンス、生演奏、人形劇、映像、コントを展開するダンス集団です。

NHKエデュケーショナルの遊育を実際に形にしてみんなに見せてくれる、体験させてくれるコンドルズの皆さん。

旦那が近藤良平が昔好きだったと、熱くなっていました(笑)

 

行くなら開演1時間前から

f:id:beeninloving:20171029070330j:image

公演は1時間半程度、それだけで子供が体力発散出来るのか心配?な人も大丈夫。

開演前から会場には、遊育計画が施されています!

段ボールを使ったたくさんの仕掛けがいっぱい。

ステージの上にも上がってメンバーと遊ぶことも出来るので目一杯遊ぶためにも早めに行きましょう。

 

公演中もたくさん遊べる

コンドルズの歌や踊りを見るだけ、ではありません。

  • 立って一緒に歌って踊る
  • メンバーが席まできて色々遊べる
  • 配られた紙を使って遊べる
  • 段ボール運びなど会場全体で流れ作業

などなど、始終身体を動かして遊べる公演になっています。

 

学んだこと

子育てを始めて1年、まだ小さいからとおもちゃと絵本で遊んでいましたが子供はもう自らたくさん動きたい、身体を使いたいのだなと、今回の我が子の動きを見て思いました。

身体を使って学ぶこと、大切だと分かってはいても実際に何をしたらいいのか分からなかった私ですが、意外に簡単で楽しい事でした。

走る、跳ぶ、掴む、そんな1つ1つの動作をこれからどんどん覚えて行く我が子に、楽しく学べる機会をもっと作ってあげようと思いました。

 

コンドルズの遊育計画、おすすめです!