読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み聞かせと日々の記録

2016年、娘を授かり、育休を取得。初めての子育てに奮闘!読み聞かせの大切さを知り、読み聞かせを実施、その内容レビューをしていきたいと思います。

5〜6ヶ月 ゴックン期の離乳食

離乳食進めてます。毎日1から作るのは無理なのでフリージング活用!

ベビーフードも取り入れています。

忘れないように備忘録。

始めどきは

スタートの目安は5〜6ヶ月。

赤ちゃんが、大人の食事に興味を持ち、口を動かしたり真似をし始めていたら良いタイミング。

私が通う皮膚科では4ヶ月から始めて良い!と言われました。

時間、回数は

1日1回。初めての食材はアレルギーの心配もあるため小児科の診療時間内に食べさせる事が鉄則。

始めて3週間から1ヶ月したら、1日2回に増やします。夕方が良いですが19時までには食べ終わる事が推奨されています。

どんな食材を

おかゆや芋などの炭水化物から、葉野菜、野菜、果物、豆腐などのタンパク質は2週間以上経ってから。肉類はこの時期はまだ与えません。

離乳食を始めてからよだれが増えました。

体内で離乳食に反応し、消化酵素が作られ始めている事を実感します。

どのくらい

初めての離乳食は10倍粥を小さじ1から、2日目に小さじ2、3日目に小さじ3、4日目は小さじ3と、野菜小さじ1、と少しずつ増やしていきます。

1ヶ月経つと、小さじ10くらいを1回の食事で食べる目安。

かたさ、味付けは

ゴックン期の言葉通り、飲み込むだけで済むように全てすりつぶしてポタージュ状にしてあげます。1番手間がかかる時期ですが今だけだと頑張りました。

味付けは無し。素材の味と、少し昆布だしを使ったりしてみました。

f:id:beeninloving:20170414195319j:plain

全てポタージュ状の写真です。

お粥にほうれん草をすりつぶしたものを混ぜたり

じゃがいもポタージュと、トマトのすり流しなど。

色味も良くし、自分でも楽しめるようにしました。

与えたもの

10倍粥

ほうれん草

小松菜

トマト

じゃがいも

さつまいも

大根

人参

玉ねぎ

りんご

みかん

バナナ

豆腐

きな粉

どれもアレルギー反応は無く、安心しました。

トマトが嫌い、みかんも嫌いでしたが私が食べるたびに与えていたら慣れました。

そういう意味で厳密に1回ではなく、おやつタイムも少し作ってしまっていました。