母は語りたい 読み聞かせと日々の記録

2016年、娘を授かり、育休を取得。初めての子育てに奮闘!読み聞かせの大切さを知り、読み聞かせを実施、その内容レビューをしていきたいと思います。

勉強が得意な子を作るお母さんの戦略を読んで

あっという間に4カ月です。

最近は授乳が3時間あくようになってきて、3時間刻みのライフスタイル。

遊びに反応するようになってきて、どんなことが喜びに感じるか研究するのが楽しいです。

そして噛むようになってきました。歯の気配か、、、怖い。。。

そろそろお世話だけでなく、育脳も気になり始め、育児本を読んでみました。

勉強が得意な子を作るお母さんの戦略

和田秀樹さんの書いたこちらの本、非常に分かりやすく、すらすらと読めます。

図解もあり、退屈しません。

また、章ごとに要点がまとまっていて頭の整理にもなります。

勉強の方法、育て方を解くだけあって、非常に有益な本でした。

 

一番はじめに、愛すること

前置きとして、読み書きや計算より先に「愛すること」を忘れないでほしいと、書いています。きちんと章として、独立させているところが念押しでしょう。

教育にばかり目を向けて、がんじがらめにしてはいけない。

当たり前のことかもしれませんが、「勉強しなければ」という考えが頭を占めると、言葉でついつい忘れてしまう大事なこと。

この本を読みながら赤ちゃんに「愛しているよ」と話しかけました(笑)

また、愛は日常であるという考えから、両親が日常に愛と勉強を組み込む必要があると書かれています。

1日15分でもいいので勉強時間を作ること。

リビングで目の届く場所で勉強させること。週間づけること

 

小一スタートダッシュの大切さ

この章は自分の人生を振り返っても納得しました。

「9歳の壁」により、記憶学習から因果学習に変わる、ということが新発見でした。

「楽しい!できた!もっとやりたい!」を育てるためにはスタートダッシュで競争心を育ててあげること。そのために親が一番の味方になってあげること。

この本では他人の目を気にするな、親は子供を褒めて伸ばして競争心を煽っていい!ということが柔らかくでもはっきりと書いてあると思いました。

女親は特に周りの目を気にしてしまいがちなので、気を付けようと思いました。

 9歳の壁の前は暗記、壁を越えた後は因果。

先取り学習で競争力をフォロー。

 

男女、塾の考え

男の子の育て方はマザコン気味でよい!有名な発明家、勉強家もマザコン気味だった!

女の子の成長の早さを活かして伸ばすべき!女の考え方で潰さない!

塾は進学率より、子供との相性を見るべき、軌道に乗るまでしっかりフォローすべし!

明朗快活に分かりやすい(笑)

 

自分で勉強する子になる本

本書では、小学生低学年の時に読ませたい、学ばせたい本の紹介がありました。

そのころに買うためにメモ!

賢くなるパズル

徹底反復百ます計算

トコトン算数小学2年の計算ドリル

徹底反復音読プリント

小学生の国語クロスワードパズル

調べて覚える1年の漢字辞典ドリル

 アンナの赤いオーバー

かわいそうなぞう

一つの花

スプーンぼしとおっぱいぼし

じめんのうえとじめんのした

しっぽのはたらき

これら、子供が成長したら・・・!